ペダルの役割ご存じですか?

グランドピアノにもアップライトピアノにも
それぞれ3本のペダルがついています。
そのペダル全部踏んでみたことありますか?

普段使うペダルって限られていて
右足のペダルはよく使うけど他のペダルの
あまり使ったことがないという方が多く
意外と知られてないんじゃないでしょうか。

ペダルを踏むと音はどのように変わるのか
今回はそんなペダルの役割についてご紹介!

■右側のペダル:ダンパーペダル

一番よく使用されるペダルで、
このペダルを踏むとピアノの中では、
ダンパーという、ピアノ弦の響きを
止めている部品が弦から離れる
仕組みとなっています。

なので、弾いた弦の音だけではなく、
弾いていない弦の共鳴音も加わることで
伸びのある広がるような響きが鳴なります。

■左側のペダル:ソフトペダル、シフトペダル

ダンパーペダルとは違い
シフトペダル、ソフトペダルには
響きを弱める機能があります。

このペダルは、グランドピアノと
アップライトピアノで中の仕組みに
違があります。

グランドピアノのシフトペダルを踏むと、
88鍵すべての鍵盤ととハンマーアクションが右に少しずれる作りになっています。

通常3本の弦を1つのハンマーで
叩いて音を鳴らしているのに対し

シフトペダルを使用すると
ハンマーの位置がずれると、
3本のところは2本、
2本のところは1本と
叩く弦の数が減り残ったもう一つの弦が
共鳴する仕組みとなっています。

ピアノの音量は小さくなりますが
音色も微妙に変化が現れ個性豊かな
音作りを可能とします。

アップライトピアノはソフトペダルを踏むと
ハンマーアクションが前に行くにので
ハンマーと弦の位置が近くなります。
なのでハンマーの弦への当たりが弱まる
ので全体的な音量や響きが弱くなります。

■真ん中のペダル:

真ん中にあるペダルはグランドピアノと
アップライトピアノで働きが異なります。

1.グランドピアノ:ソステヌートペダル

ソステヌートペダルはダンパーペダルや
ソフトペダルのように踏んだ瞬間に見た目や
音に変化をもたらすペダルではありません。

このペダルが効くのは
「踏んだ時点で鍵盤を押していた音」
だけになります。

このペダルを踏んだ時に押していた
鍵盤のダンパーだけが弦に降りなくなり、
このペダルを踏んでいる間は、鍵盤から
指を離してもその音だけが止まらずに
音が伸びる機能となります。

2.アップライトピアノ:マフラーペダル

アップライトピアノはハンマーと弦の間に
フェルトが入る事でピアノの音量を小さく
することが出来ます。踏んだ後に右か左に
ペダルをずらす事で固定することで
踏みっぱなしの状態にする事もできます。
騒音の問題等で大きな音で練習できない場合にオススメです。

【ご連絡・お問い合わせ先】

北陸 石川県金沢市のピアノ・鍵盤楽器専門店/楽器センター金沢
住所 〒920-0025 石川県金沢市駅西本町6-3-21
TEL   076-221-1544
FAX  076-221-2003
Mail       gck-shop@kaishindo-music.co.jp

LINK⇒お問い合わせフォームはこちらから

営業時間
平日・土曜 OPEN AM10:00 CLOSE PM8:00
日曜・祝日 OPEN AM10:00 CLOSE PM7:00
定休日    水曜

kanazawaedit