グランドピアノの納入方法ご存知ですか? 画像22枚

こんにちは、Piano Cloudの吉田です。

さて、今日は、グランドピアノが

お部屋に入る様子を

皆様にご紹介いたします。

 

私は、この会社に入るまでは、

グランドピアノはあの形のまま、

運び込まれると思っていました。

ですから、

部屋の大きさもさることながら、

廊下の幅や、部屋の扉が広い家でないと、

グランドピアノは入らないのではないかと・・・。

でも、

実は、

違うんですねぇ~。

以外と、

ほとんどの一般住宅に、

グランドピアノは入れられるんです。

 

では、さっそく、ご案内いたしましょう。

 

事前に打ち合わせされた時間に

ピアノ運送のトラックが到着。

到着したら、搬入経路の確認と、養生をします。

ピアノをトラックから降ろします。

この日は玄関から搬入。

画像には3人が写っていますが、

実際には、2人で搬入することの方が多いです。

ちなみに、このピアノの本体重量は330㎏

梱包材量を入れると、350㎏くらいかな?

タスキが体に食い込んでいます。

玄関から廊下への曲がり角。

今日の難所。

事前に、採寸して、図面を運送会社にFAX。

もちろん、画像も同時に送信。

何度か切り返して、通過。

廊下は2人で持ち上げて移動。

設置する部屋に到着。

布団を外し

ビニールを開けて

脚を、先ずは2か所、取り付けます。

脚の着地点を見定め、ゆっくり、下ろします。

角を持ち上げ、残った1脚を取り付け。、

ここまでくれば、そそそろ、仕上げです。

お客様と相談しながら、位置を決めます。

輸送中、固定していたアクションを開放します。

養生布団からインシュレターに乗せ換え。

何かが足りません。

そう、ペダルです。

最初、ネジで仮止めしてから

ペダル突カイ棒を差し込みます。

開梱直後は静電気が貯まり、

なかなか、ほこりが取れないのですが、

外装チェックをしながら、拭き取ります。

作業、完了です。

このあと、取り扱い説明と、保証書の確認して

納品は無事完了。

ちなみに、第1回目の調律は、後日。

すでに日程は調整済みです。

 

どうぞ、

ご家族で、

素敵な

〝音楽のある暮らし” を

末永くお愉しみいただければ何よりです。


開進堂楽器 楽器センター富山1F内
月~土:10:00〜20:00 日祝:10:00〜19:00 水曜定休

LINK⇒お問い合わせフォームはこちらから