開進堂楽器 楽器センター福井facebook 開進堂楽器 楽器センター福井twitter 開進堂楽器 楽器センター福井instagram

(11/28更新)11月の厳選!おすすめギター&新入荷商品の紹介【Green Guitars】

2020/11/08 12:12:38

新入荷商品やキャンペーン、おススメのセレクトギアから中古品の入荷に至るまでGreen Guitarsの11月の最新情報をご紹介いたします!
リアルタイムで更新していきますのでぜひお楽しみに!

TOPICS

秋の夜長のジャズにも最適。一押しの国産アーチトップブランド「Rozeo」
【EVENT】11月29日(日)Xotic Demonstration 開催
【UK】南米アルゼンチン発。個性的なデザインが光るBomboo Ukulele
【EG】momoseより各限定5本製作、日本産のバックアイバールトチ(栃)を採用した圧倒的存在感を放つモデル入荷。
【EG】g’7 Special よりショップオーダーモデルいよいよ入荷!(11/25更新)
【EG】壮観!Xotic California Classicシリーズ集結!(11/28更新)
【12月25日まで期間限定】金利無料&超低金利キャンペーン開催!

秋の夜長のジャズにも最適。一押し国産アーチトップブランド「Rozeo」

例年秋口は全国的にもJAZZイベントが多く開催され、普段ジャズに馴染みのない方も自然と接する機会が多いのではないでしょうか?
音楽は触れ合う事で新たな興味や好奇心が湧いてくるもの。改めてジャズに興味を持ったり、チャレンジしようと思う方も多いかと思います。
そんなプレイヤーさんに是非おススメしたいGreen Guitars一押し国産アーチトップブランド「Rozeo」を今回ご紹介したいと思います。

「Rozeo」は古くからしっかりとした作りで信頼を置く国内有数のギターファクトリー”寺田楽器”のルシアー樋口恭大 氏が監修・製作するアーチトップブランドです。

ずっと抱えていたくなる様な小振りで弾きやすいアーチトップギターというコンセプトで製作されるギターには様々なプレイスタイルのギタリストに支持されており、関口シンゴ氏や、エバラ健太氏、直近ではローリングストーンズのロン・ウッド氏が使用されている事がSNSを通じて判明し大きな反響を集めた事は記憶に新しいところです。

基本的なボディサイズは約14インチ/636mmスケール。
コンパクトなボディは長時間のプレイにもストレスが少なく、加えて各フレットでのピッチの良さが際立ちます。
ボディの厚みやカッタウェイの有無、2ピックアップモデルやP-90タイプなど幾つかのバリエーションが用意されておりジャズはもちろん、アコースティックギター的な表現もソリッドギター的な表現もプレイヤーの好みにあわせ選択できる事が様々なギタリストに支持される所以かと思います。

Ladybug SM-TBC DHB/CH

ロン・ウッド氏と所有モデルと同仕様、同色
スプルースTOP、メイプルSIDE&BACKのシングルカッタウェイ/2ハムバッカーピックアップ、ボディ厚44mmの薄胴フルアコ。

Ladybug SM-C HB – NAT

スプルースTOP、メイプルSIDE&BACKのシングルカッタウェイ、ハムバッカータイプのピックアップを1基マウント。
ボディ厚70mmのフルアコ

Ladybug SM-C – Blue Burst

スプルースTOP、メイプルSIDE&BACKのシングルカッタウェイ。フロントP-90のピックアップレイアウト。
ボディ厚70mmのフルアコ

現在Green Guitarsには現在上記の薄胴2ハム、深胴1ハム、深胴P-90といった個性の異なる3モデルが揃っております。
各バリエーションの特徴がしっかりと確かめる事ができるラインナップです。
全国的にも取扱店の少ない「Rozeo」の魅力。是非ご体感くださいませ。

Rozeoストック一覧はこちら 

▲TOPICS 

【EVENT】11月29日(日)Xotic Demonstration 開催

Green GuitarsのRecommendブランドである【Xotic】のデモンストレーションイベントを開催いたします。
ギター、ベース、フットペダル併せて多くのプレイヤーを魅了する理由を見て、聴いて、触れて頂く事でご体感いただければと思います。


日程2020年11月29日(日)
場所MPC 日之出ホール(楽器センター福井2F)
時間OP:16:30 ST:17:00 (60分ほどの公演を予定しております)
料金観覧無料(要予約)
定員20名

デモンストレーターにはギタープレイヤーとしてはもちろん作曲家としても多方面でご活躍され、
当店音楽教室でもエレキギター講師としてお世話になっております春田孝廣(はるたたかひろ)氏をお招きしました。
春田氏自身もXSC-AHを所有するXoticユーザー。実機を所有する生のユーザーの声、そしてプロのシーンでの経験談はよりリアルな言葉として皆様に届くことでしょう。

春田孝廣(はるたたかひろ)

2005年、2007年ギター・マガジンコンテスト優秀賞受賞
2009年日本テレビ全国ネット『船越英一郎日本海ミステリーグルメツアー』エンディングテーマ作曲
2009年ソロアルバムリリース(WANDSギタリスト柴崎浩参加)
2017年福井ミラクルエレファンツofficialテーマ作曲


Xoticギターが一同に集合

当日には姉妹店であるBlue GuitarsRed GuitarsBlack Guitarsの各拠点のXoticギターも併せて一同に集合予定!
普段フロアに並んでないモデルの実機を確認できるまたとない機会ですのでお見逃しなく!

観覧無料。参加希望の際はご予約をお願い致します。

Xotic Demonstrationはホール内ソーシャルディスタンス確保のため店員数を先着20名様までと設定させて頂きますので参加希望の際は事前のご予約をお願い致します。観覧無料イベントですので興味のある方は是非お気軽にお申し付けください。

◆◆webお申込みはこちら◆◆


当イベントに関する新型コロナウイルス感染防止対策の取り組み

当日はマスク着用の上ご来店頂きます様お願いいたします。
ご入場前に検温、マスクの着用の確認、アルコール消毒にご協力頂きますので予めご了承ください。

当店ギターフロアではお客様に安心してご来店いただけます様、店内清掃と店舗設備や什器のアルコール除菌作業を徹底して行っております。
また県の定める「新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」を遵守している証明である「感染防止徹底宣言」ステッカーも発行されておりますのでご安心頂ければ幸いです。
取り組み詳細は下記リンク記事をご覧くださいませ。

「感染防止徹底宣言」ステッカーについて(福井県HP)

南米アルゼンチン発。個性的なデザインが光るBomboo Ukulele

Bambooは、世界中のあらゆる世代の人々に向けて楽器を製造するアルゼンチンのブランドです。
アルゼンチン人のイラストレーターの手がけるカラフルで美しいデザインは、とても個性的でウクレレという楽器が潜在的に持っている心弾む気持ちを高揚させてくれます。

桜=ピンク、春、出会い、別れと言った意識の高い日本。
鮮やかなブルーカラーのフィニッシュボディに桜の花びらを散りばめるというのは日本人にはなかなか思いつかない発想ではないでしょうか?
こういった自由な発想を楽しめる点もウクレレのもつ魅力の一つかと私は思います。

チューナー付きピックアップ搭載

もちろんデザインだけではございません。
しっかりとデザインにあわせセレクトされたボディ材をチョイスし、各モデル特徴あるサウンドを奏でてくれます。
生活に寄り添う1本というテーマもある事からエントリーユーザーに嬉しい配慮が多くされています。

●ギアペグを採用することにより、繊細かつ安定した音程を維持します。
●ユーザーから評価の高いAquila(アクィーラ)製の弦を採用。
●持ち運びに持ち運び、保管時に大切な楽器を安全に収納することができる専用ソフトケースが付属。

そして今回入荷しました5モデルは各モデルともチューナー付きピックアップを搭載しています。

チューニング作業は初心者上級者問わず演奏前の必須作業。
本体を抱えそのまますぐチューニング出来るのはとても便利ですね。
またピックアップを搭載しているので上達したあとライブやレコーディングでも即戦力で活躍いたします。最近では動画配信などでも使用されますし活躍の場は多い機能と言えます。

Exotic Mahogany Concert Ukulele w/EQ

Body :Exotic Mahogany

チューナー付きピックアップ搭載モデルでありながらとても高いコストパフォーマンスを実現している点は大きな注目ポイントと言えると思います。
是非地球の裏側からやってきたウクレレをご体感くださいませ。

Bamboo ストック一覧はこちら

▲TOPICS

【EG】momoseより各限定5本製作、日本産のバックアイバールトチ(栃)を採用した圧倒的存在感を放つモデル入荷。

説明不要ですね・・・
この圧巻のインパクトはさすがショーモデルと思わずうなってしまいます。
今回は先日開催されました【ディバイザー・バーチャルOne Day Guitar Show】にて入手した貴重なモデルの入荷をご紹介いたします。


ディバイザー・バーチャルOne Day Guitar Show

momose、Headway、Bacchusなどのギターやベースブランドを展開する長野県松本市の楽器製造メーカー【ディバイザー】

そんなディバイザーが各ブランドより趣向を凝らした限定品や一本物などの特別モデルを一同にお披露目する
『ディバイザーOne Day Guitar Show』。

レギュラー品では考えられないレア仕様やコスパにより出展商品は全国で注目の的となります。


数ある出展品の中よりGreen Guitarsが選定し無事争奪戦より勝ち得たのはmomoseよりこのモデル!

Buckeye Burl Tochi

非常に希少な日本産のバックアイバールトチを採用したモデル。各モデル限定5本のみの制作という事からもその希少性が伺えます。


国内で伐採されたトチの木から採れたバックアイバール材を採用された両モデル。
良質なバックアイバール材は、主に海外から輸入されることが多いですが、そこはさすがにショーモデル。
本モデルには「今後、同じ様な材料の入手は非常に困難を極める」と言わしめるほどの極上の国産トチ材を使用して製作されております。

そんな良質なバックアイバールトップの特徴を最大限生かすように1本1本杢目にあわせて鮮やかなブルーのグラデーションでフィニッシュされたカラーリング。
本機はボディ下部から上部に向かってグラデーションが施されており、特徴的な杢目の表情がより鮮明に浮かび上がっております。
ピックガードもトップのカラーリングに合わせ特注したと言うダークブルーのパールピックガードを採用。
ボディカラーと絶妙のマッチングがこのモデルの魅力を更に高めていますね。
マッチングと書いて思い出しましたがマッチングヘッドです。

あまりにも圧巻のルックスのため見た目の話ばかりいなってしまいましたが、国産ハイエンドブランドの草分け的存在であるmomose custom craft guitars。
もちろん手抜かりはございません。
サウンド面ではSTタイプにはMojotone社製59Clone Stratを。TLタイプにはMojotone社製ATQ60 Tele を搭載。
クリーントーン、ドライブサウンド共に相性がよいMojotone社製ピックアップは良質なアッシュ材と相まって気持ちのよいサウンドを奏でてくれます。
プレイアビリティの面でもGOTOH マグナムロックペグを搭載しチューニングとテンションの安定は抜群です。
210Rのフィンガーボードには負荷を感じないよう丁寧に処理されたJescar 9662フレットが打ち込まれています。
決して奇をてらった様な回路や複雑なサーキットを搭載するわけではありませんが、伝統的な設計を重視しながら随所にこだわりを落とし込み、プレイアビリティに重きを置いた確かな品質はさすがmomoseと感じいります。

いかがでしたでしょうか?
【ディバイザー・バーチャルOne Day Guitar Show】にて選定した2本の極上バックアイバールトップモデル。
各モデルとも限定5本製作のうちの1本となっておりますが、1枚1枚表情が大きくことなるバックアイバールトップ材は大袈裟ではなくどれも1本のみの表情となりますので、気になるモデルがございましたら是非お気軽にお声がけくださいませ。
またスペシャルモデルのみではなく貴重なプロトタイプや、コロナ渦になって以降品薄が続いております人気レギュラーラインナップもあわせて随時入荷・紹介いたしますのでお楽しみに!

MOMOSEストック一覧はこちら

▲TOPICS

g’7 Special よりショップオーダーモデルいよいよ入荷!

g’7 Special より嬉しいサプライズ!Green Guitars Shop Order 2モデル電撃入荷です!
当初年内中の完成に間に合うかどうか…と案内を受けていただけにスタッフもビックリですw
早速入荷2モデルをご紹介。

g7-CTL Type1 – Vintage Daphne Blue

BodyAlder2P
NeckHard Maple 1P
Finger BoardIndian Rosewood/305R/Dot
F/PUGrinningDog MiniHum
Weight3.55kg

g7-JM Type3 – Sonic Blue

BodyAlder2P
NeckHard Maple 1P
Finger BoardJacaranda/305R/Dot
BridgeA/P JM w/RisingSaddle & FixingBush
Pickgardリアルフィール赤鼈甲
Weight3.59kg

普段ではここから商品の詳細をご案内するところですが、今回は趣向を少し変えて本モデルが完成するまでの経緯を少しご案内させて頂く事で両モデルのオーダーコンセプト、ひいてはg’7 Specialというブランドを営むルシアー、スタッフの息吹に触れていただければ…と思います。

g’7 Special・・・

g7 Specialは木材の選定技術、サウンドはもちろんですが、塗装技術にも大きな定評があるブランドです。
これは大山氏をはじめとするルシアーがリアルタイムでヴィンテージに触れてきた知識と経験、そして高い技術によるものである事は言うまでもありません。
そんなヴィンテージに造詣が深いg7 Special だからこそ市場には代名詞とも言えるBlack Beautyのカラーフィニッシュをはじめサンバーストなどの落ち着いたフィニッシュが多くなるのは必然と言えます。

経年変化を踏まえたカラーの定義

だからこそと言うべきでしょうか。
今回Green Guitarsではテレキャスターというギターがもつフェミニンな一面を魅せるカラーフィニッシュを模索すべくg7 Speciaのセットアッパーである宇佐川氏とディスカッションを重ねました。

結果g7-CTLはg7ならではのハーフヴィンテージ・フィニッシュを施したダフネブルーでフィニッシュとなりましたが、実は当初フェイド感あるSonic Blueでの希望を伝えていました。

しかし話を進めるうち宇佐川氏より
「希望されているフィニッシュはカラー名で言うならダフネブルーかもしれません。焼け感をどこまで出すかにもよりますがその風合いはSonic BlueでもありDaphne Blueでもあり、ひいてはSeaform Greenとも言えます」
という貴重な意見を頂きました。
まさに目から鱗でした。
職業柄数多くのギターを見て取り扱ってきたつもりではありますがレリック、エイジド加工を含めてもその殆どは製作まもない新品。
そういったギターばかりを見続けてきた私の視点では決して見えない色の捉え方と言いますか…
私がイメージしているカラーは元々その色味なのかそれとも経年により変化して生成されたカラーなのか。
あらゆるカラーが焼け具合によってどのように変化するのかをという知識と経験として持っているg7 Specialの凄みを改めて感じ入りました。
そこで急遽基本カラーをDaphne Blueに変更したという経緯が本器にはあります。

そして仕上がりを見て納得でした。
ポップなカラーリングではありますが、ビルダー大山氏と、宇佐川氏の手によって
決してただ「かわいい」といった感想のものではなく、「さすがg7 Special」と感嘆するヴィンテージフィール溢れる仕上がりとなっております。
光量によって様々な表情を見せてくれるフィニッシュはまさに脱帽。
写真ではDaphne Blue、Sonic Blue感が強く感じるかと思いますが、宇佐川氏のコメント通り実機は写真よりもSeaform Greenの風合いも感じとる事ができます。
(ちなみに私のスマホ(iphone XR)で撮影すると水色がすごく強調されて写ります…)

組み合わせによる印象

相対してg7-JMでは焼け感を控えめにしたSonic Blueをチョイスしました。
g7-CTLはバインディングやシルバーパーツなど見た目の印象を引き締める要素がたくさんありましたので焼け感ある風合いを全面に押し出す形を選択しましたが、これらはJMには無い要素ですので全体の印象がぼやけないように焼け感は控えめにすることに。
加えてg’7 Specialならではの仕上げになる様ここでもディスカッションを重ね、ピックガードに赤みの強いべっ甲PGを採用し風合いが馴染む様あわせて加工していただきました。
その結果…

いかがでしょうか?
こちらも思惑通りと言いますか、決してキャッチーなだけではないしっかりとヴィンテージライクな印象、質感をまとった素晴らしいJMが完成致しました。
PUカバー、ノブの加工具合も風合いに溶け込んでいます。
どのカラーリングにどのパーツをセレクトすればどう反映されるのか。
イメージをしっかりと具現化する。ここにもg7 Specialの知識と経験が反映されていると言えます。

g7 Specialでなければあり得ない

一見するならg7 Specialとしては珍しい…そんな両モデルかもしれません。
しかしよく見て、触れて、弾いてみるならばこれは【g7 Specialでなければあり得ない】
両モデルともそんな1本に仕上がっていると思います。
今回はカラーフィニッシュにのみ焦点をあてて製作の経緯をお話ししましたが、もちろんこのカラーリングに対するこだわりと同様に木材の選定、サウンドのバランス・プレイアビリティの追求にも一切の妥協がないのは言うまでもありません。
サウンド、ルックスともに、そして遊び心もある大人な1本。
是非ご体感ください。

g’7 Special ストック一覧はこちら

▲TOPICS

【EG】壮観!Xotic California Classicシリーズ集結!

まさに壮観です…
この背後にぼんや~り写ってますギター。
実は全てXotic California Classicです!
写真の中のギターは全てXoticです!
プレイヤビリティとサウンドを第一に追求し製作されるためどうしても生産本数が少なくなってしまうXotic
しかし当ショップでは北陸のみならず近隣地域併せましてもなかなかない程XSCシリーズは常時ラインナップしておりました。

が、

この度11月29日に開催いたしますXotic Demonstrationにあわせ、さらに集結!
現時点で地域最大級のラインナップである事は間違いないと言えます!

▲人気のマルチレイヤーのXSC-2が2本も…

人気のXSC-2はもちろん、XSC-1もスタンバイ。
更にGreen Guitarsには久しぶりに入荷となるXTCも!
都心部から離れた地方では通常1本巡りあうのも一苦労ですが、
ストラトタイプからテレキャスタイプまで。
シングルピックアップからハムバッカーまで。
Heavy AgedからLight Agedまで。
マスターグレード材のローステッドフレイムメイプルネックまで。
もうありとあらゆるパターンが揃ってます!弾けます!比べられます!吟味できます!

▲圧巻という言葉以外出てこないAAAAA(5A)グレードさえも超えるMaster Grade Neck

このような機会はそうそうありません!
Xotic Demonstrationと併せて是非この機会をお見逃しなくご活用くださいませ!!

Xotic ストック一覧はこちら 

▲TOPICS

【12月25日まで期間限定】金利無料&超低金利キャンペーン開催!


Green Guitars スタッフ募集のお知らせ

只今Green Guitarsでは一緒にギターフロアを作っていくスタッフを募集しております。
「こんなギターショップが近くにあればいいのに・・・」
「こんなギターショップがどうしてないんだろう・・・」
楽器屋さんに通ううち誰もが一度は抱くそんな理想を一緒に形にしていける方。
是非Green Guitarsで働いてみませんか?
詳細はこちらよりご覧いただけます。
お気軽にお問合せ下さいませ。

新型コロナウイルスに対する取り組みとOnline Storeにつきまして

Green Guitarsではお客様とスタッフの安全を第一に、安心してご利用頂ける様新型コロナウィルス感染防止対策を講じてご来店をお待ちしております。
新型コロナウイルス感染予防対策について詳細はこちら

またOnline Storeを用意しておりますので外出が気になる場合や、来店が難しい遠方のお客様は是非ご活用くださいませ。

▲Green Guitars Online Store

開進堂楽器 Green Guitars
〒910-0859
福井県福井市日之出5-16-14
TEL:0776-52-0711 FAX:0776-52-0785
営業時間:平日10~20時 日・祝日10~19時
水曜定休(祝日除く)FacebookTwitterLine

タグ: , , , , , ,

SERVICE

Recommend Brand

SHOP INFO

開進堂楽器 楽器センター福井
住 所Address福井県福井市日之出5丁目16-21
電 話TEL0776-52-0711
営業時間Open Hour平日10~20時 日・祝日10~19時
定休日Holiday水曜定休(祝日除く)