アルタスフルートにピンクゴールドをあしらった“Rose”シリーズ Brasstekオリジナルモデル【Altus × Brasstek】


華やかと繊細で上品なフルートの音色。
優雅に奏でることができた時の喜びは、また次の演奏への楽しみを湧きたててくれます。
”Rose”シリーズは上品にきらめく白銀のフルートにバラを添えるようにピンクゴールドをあしらったBrasstekオリジナルのフルートです。
さりげないピンクゴールドにより演奏する喜びだけでなく、いつまでも眺めていたい愛おしさも加わり、フルートへの愛情が高まります。

▼Topics

●Altus×Brasstek Limited Flute “Rose”series ラインナップ

・A907E Rose”G”

・A1007E Rose”G”

・A1007RE Rose”Lip”

・TS-E Rose”D”

●Altus(アルタス)フルート

●Brasstek(ブラステック)

●Altus × Brasstek 出会い

●工場見学の様子



Altus×Brasstek Limited Flute “Rose”series ラインナップ

“Rose”シリーズはBrasstekスタッフがメッキしたパーツを1つ1つ丁寧に調整して取り付けています。取り付けには分解を伴うので、より安心して演奏できるように、改めて全体の調整を施しています。



 A907E Rose“G”  最初の1本目だからこそ「こだわりたい」方にオススメのフルート。

アルタスの頭部管銀製モデルA907をベースにクラウン(ヘッドキャップ)、反射板、G#キィにピンクゴールドメッキを施したモデルです。

初心者でも優しく艶やかな音色を奏でられ、雪原に咲くはかなくも美しいバラを彷彿とさせるG#キィのピンクゴールドがフルートを吹きたくなる意欲をかき立てます。

詳細は こちらの商品ページ をご覧ください。

▼A907E“Rose G”試奏動画

▲Topicsに戻る


● A1007E Rose“G”  あなたにとって「憧れ」のフルートを目指しました。

管体銀製のA1007をベースにして頭部管のクラウン(ヘッドキャップ)&反射板,そしてG#キイにピンクゴールドメッキを施したモデルです。

A907E Rose”G”と同様にG#キィがワンポイントになり美しく華やかなデザインが魅力的です。管体銀製のモデルならではの豊かな響きが加わり、演奏が楽しくなります。

詳細は こちらの商品ページ をご覧ください。

▲Topicsに戻る


 A1007RE Rose“Lip”  「フルートを楽しむ」を味わえる1本。

アルタスのエントリーモデル、管体銀製のA1007をベースにクラウン(ヘッドキャップ)、反射板、頭部管の内側、リッププレートにピンクゴールドメッキを施しました。

管体銀製ならではのふくよかな響きにピンクゴールドの優しさが加わり、豊かで暖かな音色が魅力的です。

詳細は こちらの商品ページ をご覧ください。

▲Topicsに戻る

● TS-E Rose“D”  「これからもずっと共にいたい、あなただけのフルート」を形にしました。

総銀製モデル「TS」をベースにして頭部管の内側とリッププレート、クラウン(ヘッドキャップ)&反射板、G#キイ、さらにD#キィにもピンクゴールドメッキを施しました。

各部に配されたピンクゴールドが程よく品のある華やかさを演出しています。印象的なリッププレート、さりげないワンポイントのG#キィ、さらにバランスの取れたD#キィと、うるさくなくでも存在感のあるピンクゴールドが美しいです。

詳細は こちらの商品ページ をご覧ください。

TS-E Rose“D”試奏動画

最新の在庫状況はコチラ



“Rose”Custom(ローズカスタム)

上記以外でも、A1107Eのキィだけピンクゴールドメッキをしたい、などあなただけの特注仕様や、お手持ちの愛器にピンクゴールドメッキを施し華やかに衣装替えなども承ります。

Brasstekスタッフがご相談にのらせていただきますので、お悩みの方やご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

▽お問い合わせフォーム▽

※お問い合わせの際は冒頭に「Roseシリーズについて」と入力をお願いします。

▲Topicsに戻る

Altus(アルタス)フルート

長野県安曇野で職人により1本1本丹精込めて製造られる「Altus(アルタス)」。

「本当の意味での道具づくりに徹する」を精神に世界のフルーティストと対話を繰り返しながら、研究を重ねています。

より確かな理想的なフルートを目指して、フルーティストとの対話から生まれた独自のアイデアをいくつも採用し、奏者の満足と信頼を得てきました。そのこだわりは日本にとどまらず、世界からも高い評価を得ており名実ともに世界の最高峰のフルーティストである「デニス ブリアコフ」氏も愛用しています。

一見どのメーカーのフルートも同じに見えますが、アルタスは強いこだわりを持ってフルートを製造しています。

●アルタススケール…理想的な倍音が乗った正しい音程にこだわり、これまでのフルートの設計を見直し独自の設計にたどり着いた「アルタススケール」。トーンホール(音孔)の位置や高さなどを世界の一流音楽家でありスケール研究の第一人者のウィリアムベネット氏と共に研究を重ねた結果、「アルタススケール」が生み出されました。リングキィとカバードキィでも鳴り方が変わるため、同じ機種でもトーンホールの位置を変える程の全ての仕様にこだわりを持って製造されています。

●素材へのこだわり…フルート奏者それぞれの個性に合ったフルートを幅広く提供できるよう多くの素材を採用しています。一般的にフルートに良く用いられる素材として銀がありますが、銀だけでも4種類使用しています。フルート材としてスタンダードなスターリングシルバー(Ag925)、銀の含有率が多いブルタニアシルバー(Ag958)やメタライズドシルバー(Ag997)、そしてオールドフレンチを追い求めた結果生まれたアルタスシルバー(Ag946)。素材ごとに加工方法も異なるので、熟練の職人達がそれぞれのに合せた加工方法を用いて、様々な倍音構成を持った音色を余すことなく引き出したフルートを製造しています。

●管の響きへのこだわり…キィポストを固定するための座金。この形状を従来のものより幅広でトーンホール部のみ避ける形状にしています。この形状にすることで手間はかかりますが、不要な振動を抑え管の持つ本来の響きを引き出しています。

これらはアルタスのこだわりの一握りでしかありません。理想の音を実現するために日々研究を重ねているメーカー。

それが「Altus (アルタス)フルート」です。

▲Topicsに戻る


Brasstek(ブラステック)

富山・石川・福井の北陸三県に展開する管楽器専門店「Brasstek」。

10名以上のリペア技術スタッフが常駐し、日々お客様と接する中で常に「どうしたらお客様に喜んでもらえるか?」を常に考え、日々勉強をしています。

リペアだけでなく、一人一人のお客様との会話を大切にし、ご相談の中からそれぞれのお客様に合ったBrasstekのスタッフならではのご提案をさせて頂いたり、Brasstekスタッフの想いを込めた商品開発を行うなど精進を続けています。

▲Topicsに戻る

Altus × Brasstek  出会い

Brasstekのスタッフが日々の勉強の中で出会ったのが日本が世界に誇るフルートブランド「Altus」です。

「Altus」のフルートに対するこだわりと熱い想いを感じ取り、「よりお客様に喜んでもらえるフルート」を開発できるのではないか?

というアイデアにより“Rose”シリーズの足掛かりが生まれました。

最初はBrasstekの特別オーダーモデルとして取り掛かりましたが、嬉しい事にどのモデルもスタッフの想像以上にお客様よりご好評頂けました。

お客様からの喜びのお声を頂けたことが、スタッフに「もっと深くアルタスを知りたい!」という想いを抱かせ、実際に長野県安曇野の「Altus」の工場へ赴くきっかけとなりました。

「Altus」の工場では、製造現場の空気、職人の生の声と頑ななまでの想い、を直に感じ、Brasstekが自信を持って送り出せるフルートとしてAltus×Brasstekのリミテッドフルート“Rose”シリーズが確立しました。

“Rose”シリーズは、これからももっともっとお客様に喜んでもらえるよう進化を続けていきます。

今後の展開もご期待ください!

▲Topicsに戻る

工場見学の様子はコチラ

【工場見学に行ってきました!】アルタスフルートの魅力!①

【工場見学に行ってきました!】アルタスフルートの魅力!②

【工場見学に行ってきました!】アルタスフルートの魅力!③

【ご連絡・お問い合わせ先】

北陸 福井県のピアノ・鍵盤楽器専門店/管楽器専門店 楽器センター福井
住所 〒910-0859 福井県福井市日之出5丁目16-21
TEL   0776-52-0711
FAX   0776-52-0785
Mail       gcfukui@kaishindo-music.co.jp
LINK⇒お問い合わせフォームはこちらから
営業時間
平日10~21時 日・祝日10~19時 水曜定休(祝日除く)