スタッフ愛用ホルン Hans Hoyer(ハンスホイヤー)6801GAL (6802)

アメリカの伝説のホルン奏者マイロン・ブルームらのアドバイスをもとに開発されたハンスホイヤー自信のニューモデルです。



※私が愛用している6802GAL(ゴールドブラス)にウォーターキイがプラスされロータリー・アクションがメカニカルになっています。

クルスペ・スタイル”のホルンは、渋く、温かい響きが魅力!!

たくさん息を吹き込んでも音割れすることなく、より芯のある豊かな響きをつくってくれます。

人によって感じかたは違いますが、個人的にはある程度抵抗があったほうが音(息)を支えてくれます。

この2点が決め手の大半となりました。

あとはハンスホイヤーの柔らかくなめらかな音色に惚れました❣


ベルはエクストラ・ラージ・サイズ(通称:太ベル)で、より太く重量感のある“アメリカン・サウンド”が特長です。



可動式の指掛は小指だけでなく親指も調整が可能👍

自分の手に合わせて調整すると、力まず程よく脱力して演奏に集中できます。


そしてそして!

このモデルには長さが異なるチューニングスライドがもう1本付属します

日本人の奏者は唇に強めに押し当てて演奏する方が多いそうです。

そうするとピッチが上がる傾向がある為、そのような時は長いほうのチューニングスライドをお試しくだい!


ドイツには名だたる金管メーカーがずらり。

100年、200年以上に及んで熟練された技術。

世界中の奏者から選ばれ、愛され続ける楽器たちが沢山あります。

ドイツのマイスターの技術とアメリカの伝統のサウンドが融合されたまったく新しい、それでいてどこか懐かしさを感じられる音色をお楽しみ下さい♪

個人的にはシカゴ響の金管ブラスが大好きなので、この6801(6802)は良いとこ取りなのです😆



開進堂楽器 楽器センター富山1F内
月~土:10:00〜20:00 日祝:10:00〜19:00 水曜定休