【店頭展示中!】ヤマハ 新製品アリウスレビュー

2022/04/13 06:10:59

こんにちは。

ピアノクラウド富山の小林です!

今回は2022年に新しく発売されたヤマハ アリウスシリーズについて

  • スタンダードシリーズとスリムシリーズの違い
  • 前機種YDP-164、144からグレードアップしたところ
  • あなたにぴったりのアリウスの選び方
  • 実機を見て、触ってみた感想

ご紹介していきます♪

 

目次

 

アリウスシリーズとは?

ヤマハの電子ピアノと言えばクラビノーバ!という方も多いのではないでしょうか。

アリウスシリーズはクラビノーバシリーズよりも、お手軽で、お求めやすくなったシリーズです。

クラビノーバには128 x 64 ドットの液晶パネルが付いています。

クラビノーバのパネル

パネルがあればパネルを見ながら、音色を選んだり曲を選んで再生できるのですが、アリウスシリーズにはパネルがありません。

YDP165の操作部

そこで活躍するのが、お持ちのスマートフォンやタブレットです!

お持ちのスマートデバイスと対応のケーブルを使用して接続することで

  • 音色の変更
  • 内蔵曲を選んで再生
  • 「ピアノルーム」でピアノの音色や響きを変更

など様々な機能を簡単に操作が出来ます。

お求めやすい価格ながら、音源や鍵盤、ペダルなど演奏にかかわる部分はしっかりとしているところも魅力

ずっと人気の高いシリーズです。

久しぶりにピアノを始める方やこれからスタートされる方におすすめです👍

目次に戻る

 

ラインナップ

アリウスシリーズには

  • スタンダードシリーズ
  • スリムシリーズ

2種類の形が用意されています。

使用環境に合わせて選べるの嬉しいポイント✨

更にそれぞれを細かく見ていきます!

スタンダードシリーズ

スタンダードシリーズはいわゆるボックス型と呼ばれる形です。

ペダルのサイズがアコースティックのピアノに近いので

レッスンに通われている方、これから通い始める方におすすめです。

スタンダードシリーズの中でも種類があり

YDP-165/YDP-145
  • YDP-165
  • YDP-145

の2機種があります。

大きな違いは

  • 鍵盤
  • トーンエスケープ
  • スピーカーアンプ出力
  • 付属椅子
  • 展開カラー

の部分です。

鍵盤は

YDP165がグレートハンマー3(GH3)鍵盤

YDP145がグレートハンマースタンダード(GHS)鍵盤

を採用しています。

YDP-165の鍵盤の方がセンサーが多く

より細かいトリル奏法や表現が可能になります。

ピアノのレッスンでは細かい表現も重要になります。

いかにお家でお教室と近い環境を作ってあげることができるかというのも長くピアノを続けるのに大事なポイントです。

そのため、レッスンに通っている方には細かい表現が可能なYDP-165の鍵盤がおすすめ!

トーンエスケープ

YDP-165にはトーンエスケープというものが採用されています。

背面のトーンエスケープ

よくアップライトピアノの上位機種で採用されている機構になります。

アップライトピアノは音が篭りがちといわれます。それを解消するために採用された機構です。

YDP-165では背面にトーンエスケープを採用することにより、スピーカーの音がボディ内にこもらず、自然な響きを実現しました。

アンプ出力は

YDP-165が20W×2

YDP-145が8W×2

となっています。

12cmのスピーカー

お家で大きい音を出さないから大きい出力じゃなくて良いとおっしゃる方多いのですが、

実は出力が大きい方が

小さい音で弾いた時に強弱をしっかりと表現出来るのです😯

付属椅子

YDP-165は高低自在椅子

YDP-145は固定椅子

お子様がメインで使うならやっぱり身長に合わせて調節できる高低自在椅子の方がおすすめです💦

正しい姿勢で練習することはとても大切です!

展開カラー

YDP-165は

  • ニューダークローズウッド調
  • ブラックウッド調
  • ホワイトアッシュ調
  • ホワイトウッド調

の4色展開

YDP-145は

  • ニューダークローズウッド調
  • ブラックウッド調
  • ホワイトウッド調

の3色展開

お部屋の雰囲気に合わせてピアノも選べます!

目次に戻る

スリムシリーズ

スリムタイプは一人暮らしの方にもぴったりな設置場所を選ばないコンパクトタイプです。

大人の趣味の方や一人暮らしの学生さんにおすすめ👌

スリムシリーズには

YDP-S55/YDP-S35
  • YDP-S55
  • YDP-S35

2機種あります。

それぞれ

YDP-S55はYDP-165

YDP-S35はYDP-145 と仕様の部分は同じです。

(トーンエスケープはYDP-165のみ)

ただ1点大きな違いがあります。

スリムシリーズはどちらも椅子が付属しません

別途椅子の用意が必要です😥

また展開カラーも異なってきます。

YDP-S55は

  • ブラックウッド調
  • ホワイトウッド調

YDP-S35は

  • ブラックウッド調
  • ホワイトアッシュ調
  • ホワイトウッド調

の展開です。

ヤマハの別売りの椅子なら、本体と同じ色の椅子もありますよ😀

目次に戻る

 

前機種との違いは?

とても人気だった全機種YDP-164とYDP-144

今回の機種は何が変わったのでしょうか?

  • バーチャル・レゾナンス・モデリング・ライト
  • レッスン曲303曲

この2点が違います。

バーチャル・レゾナンス・モデリング・ライト

グランドピアノは楽器全体が振動する事で共鳴音が生まれます。

その豊かな共鳴音の響きを再現する技術が

バーチャル・レゾナンス・モデリング・ライト

です。

アコースティックピアノは鍵盤を弾くと、ハンマーが弦を叩き音が鳴ります。

その弦の振動が他の弦や、響かせる板に伝わるときに生まれる共鳴音を再現します。

鍵盤を押さえるタイミングやペダルを踏むタイミング、深さ、それぞれを変える事で様々な響きが得られます。

この技術は今までクラビノーバシリーズにのみ「バーチャル・レゾナンス・モデリング」が採用されていましたが、アリウスシリーズにも採用されました🙌

レッスン曲303曲

おうちでの練習のときに役立つ機能!

テンポの変更や、片手パートだけの再生など可能です。

最初はゆっくり右手だけ、だんだんテンポも上げて両手で

というようにレベルに合わせた練習が出来ます🎹

目次に戻る

 

実際に触ってみた感想

店頭にはニューダークローズウッド調を展示しております。

見た目は前機種とほとんど変わらない印象です。

オートオフ機能が採用されたことにより、電源が入っている事を教えてくれるパイロットランプが廃止されました。

よりすっきりした見た目になりました。

しっかりとした弾き心地と自然な音の響きが楽しめます。

ヘッドホンを使用した時も違和感なく演奏出来るので夜メインで使用される方にも是非おススメしたいピアノです。

商品のスペックなど詳細は画像をタップ

目次に戻る

 

あなたにぴったりのアリウスは?

レッスンに通っている方はスタンダードシリーズ

趣味で楽しむ方はスリムシリーズ

特に演奏にこだわりたい方はYDP-165、YDP-S55をおすすめします!

それぞれカラーバリエーションが豊富に展開されています。

お部屋の雰囲気に合わせてお気に入りの1台を見つけませんか?

ピアノの事なんでも相談ください!

経験豊富なスタッフがいるピアノクラウド富山で

あなたにぴったりのピアノを探しませんか

皆様のご来店お待ちしております。

目次に戻る

タグ: , , , ,
Written by
Miyu Kobayashi

ピアノクラウド富山

お問い合わせ
076-433-0165
(月~土:10:00〜20:00 日祝:10:00〜19:00 水曜定休)

お知らせいただいた個人情報について
当店は石川県公安委員会より正式に古物販売の許可を得ていますので、お客様の大切な楽器をお預かりしたうえで、安全に販売することが可能です。
古物商許可番号 石川県公安委員会 第511010008228号

Recommend Brand

Shop Info